青島です。

 

また南国行って来ました。
先日まで雨だったので、晴れてよかったです。

(曇りかな?w)

 

ネットビジネスのいいところは、
こうやって出かけてる間にも半自動で稼いでくれたり、
パソコンがあればどこでも作業が出来るところですよね。

 

インターネットを活用しないと損だなぁ・・・・とつくづく思います。

 

まあ、それもアフィリエイトしてる商品が、
売れてくれてるからなんですけど…

 

クリック型広告、アドセンスとかは、初心者にはオススメですけど、
金額的には、あくまでおまけ程度の収入ですからね。

 

ということで、前回は、
「ライバルが多い」→「飽和したので稼げない?」
という事について書いたんですけど、

今回は、「売れる商品を扱う」ことが
結果を早く出すのに有効だということについて
記事を書いていこうと思います。

 

「扱っている商品が売れない!」と悩んでいる人は、商品選定を見直すべき

 

「作業を続けているのに、一向に商品が売れる気配がない」人は、
取り扱う商品を見直すべきだと思います。

 

その商品、そもそも本当に売れますか??
売れてる実績ありますか??

 

「転売で価格差の大きい商品が見つかった!」とか、
「高額アフィリエイト報酬の商品を扱いたい」というのもわかります。

でも、いくら「売れたときのメリット(報酬)」が大きくても、
売れなければ全く意味がないですからね…

 

マーケティングやコピーライティングを駆使できれば、
商品を売るということに対して、大きな力になりますけど、

ネットビジネス始めた人のほとんどの人は、
そんなに高いスキルは持っていないと思いますし、

そういうテクニックより重要なことは、
最終的に商品力だと思います。

 

そして、商品力のあるもので、
すでにある程度売れているもの・・・

例えば、宣伝もされていて、認知もされているものを扱うのが、
ネットビジネスやり始めとしては、おすすめです。

 

もう売れている商品を、自分なりに売ることが
早く結果を出すことに、不可欠ともいえるんじゃないでしょうか?

 

例えば、わけわからない商品を、「報酬」だけ見て、
「売ればもうかる!!」と意気込んで取り扱い始めたとします。

でも、その商品に、商品力がなければ、
例え売れたとしても、売れ続けることは難しいですし、

あまりに商品力が弱い場合…特に、情報商材なんかは、
売れた時、最悪の場合は「詐欺だ」とか「騙された」とか言われ、
信用問題にもなりかねません。

 

他に紹介している商品や販売している商品も含め、
余計売れなくなりますよね。

 

反対に、商品力がある商品は、

世の中に出たばかりの頃は売れなかったけど、
今では定番になっている…

とかもあるので、
長い目で見たらこちらの方がまだマシです。

 

ただ、転売やアフィリエイトで「長い目で売れる商品」なんか
初心者では見つけるのは非常に難しいので、
「すでに売れている商品」を扱うのが最速で結果を出すコツです。

 

では、どうしたら「売れる商品」を見つけることができるのか?

 

例えば、どんな商品があるかもわからない場合、
扱う商品のジャンルを決めて、
売り上げランキングを調べたりするとわかりやすいですね。

転売だったら、Amazonのカテゴリーランキングとかが非常に便利で、
Amazonのランキングを読み解けるようになると、
トレンドアイテムとかも発見できる可能性が高い。

 

転売を行う他、Amazon以外の物販アフィリエイトを行う際にも、
Amazonのランキングは、強力な情報源になります。

 

他にも、オークファンでヤフオクでの出品履歴を見れば、
該当商品や類似商品の落札相場などもわかります。

 

次に、物販以外でも使える方法として、
基本的なことなんですが「商品名検索」ですね。

そして、その時に検索結果の「広告」枠に表示されているか?
表示されているとしたら何件か?です。

 

複数広告枠が表示されていたら、
取扱販売者が多い(アフィリエイターが多い)ということになるので、
商品がある程度認知されているか、売れている商品だとわかります。

 

そして、その商品名で検索したときに、
虫眼鏡キーワードが出るか?も参考になります。

「商品名+口コミ」や、「商品名+評判」とかいう検索ワードが
虫眼鏡キーワードに表示されていたら、
気になって調べている人が多い可能性があるからです。

 

あとは、情報商材だったら、ASPのランキング、
インフォトップやアドモールのランキングも参考になると思います。

 

ちなみに、インフォトップのランキングを見るときは、
「30日」期間設定でランキングを見るのがコツ。

理由は、メルマガアフィリエイトをやるなら、24時間とか7日間の設定で
上位ランキングの情報商材を扱うのもいいと思いますが、

サイトやブログで紹介するなら、記事はずっと残るので
長いスパンで売れている商品を販売する方が得策っていうことです。

 

なぜ売れる商品を扱うのがいいのか

 

売れる商品を扱う理由として、
売るための努力が圧倒的に少なくて済むからです。

 

まだ知られていない、商品力がある商品を扱うのも
駄目じゃないと思います。

商品力・価格・需要がマッチすれば、
売れる可能性は高いですし、軌道に乗ったときは
先行者利益を大きく得ることができると思います。

 

しかし、大体の場合、
世間に知られていない商品を売るのには、
「知ってもらうため」の努力が半端なく、大変です。

 

例えば、大企業の商品だったら、
商品を日本中に向けて勝手に宣伝しまくってくれてるので
商品をすぐに世間に認知させることができます。

 

でもそんなに広告宣伝費かけれない企業や
販売者のほうが多いですからね・・・。

 

知られていない商品だけど、
実は良いものも隠れていたりしますが、

「よくわからない」から、
購入に至るまでの気持ちのハードルが高い。

 

なので、商品を知ってもらうため・・・
「購入」という段階に持っていくまでに、
作業量、広告費などの経費、そして時間が
非常にたくさんかかるんですね。

 

売るの大変な商品なんか、
利益が高くても扱うの嫌じゃないですか??

 

僕だったら、すぐ売れて、たくさん売れて・・・
成果の出しやすい商材を選定します。

 

せどり転売ノウハウを買った人ならわかると思いますが、
だいたいAmazonランキングを見て、
商品を選定するようなノウハウがほとんどだと思います。

 

なぜなら、それが成果を出すために確実で早いから。

 

売れない商品は、需要がないのか?認知されていないのか??

とにかく、「良いもの」と「売れる」ということは必ずしも一致しないので、
だったら今、「確実に売れている」商品に相乗りする方が、
転売でもアフィリエイトでも得策ってことです。

 

ただ、そのためには「どうやってライバルに勝つか?」
ということが今度は課題になってきますけどね・・・

 

そこで、前回からお話ししている
「ブランディング」のことが有効になってきたりします。

 

Amazonの単純転売だとブランディングしにくくて
「価格競争」に陥りやすくなるので、売る手法にもよるんですけどね(笑)

価格競争を少しでも減らしたい場合で、単純転売を目指している人は、
「せどりインサイダー」なんかのノウハウがおすすめだったりします。

 

ネットビジネスでも、ほかの事でも、なんでもそうなんですけど、
「結果が出るまで長い」とか「いつ結果が出るか見えてこない」場合、
作業が非常にきつくなってきますし、行動にブレも生じやすいかと思います。

 

まずは、「売れる商品」を見つける感覚を付けるのが、
後々の思考の発展性を考慮しても非常に有効です!

トレンドに乗るのもいいと思いますよ♪

 

よかったら「今どんなものが売れているのか?」を
空き時間に調べてみてくださいね。

 

青島でした(^^)/