青島です。

仮想通貨買いましたか?

12月半ばになって、仮想通貨ボーナスタイムになった気がします。

毎日、いろんなコインが暴騰してます(汗

たとえ仮想通貨に対する税制が不利なものでも,仮想通貨の過熱ぶりは止まりません。

どうやら、日本国内のほぼすべての取引所で新規開設申し込みが殺到して、入出金やカスタマー対応が間に合ってないそうです。

僕にも、各取引所からお詫びメール届いてます。(出金しないし、特に実害ないですけどw)

さて、そんな仮想通貨の中で特にビットコインが有名ですけど、実際にショッピングで使える場所も増えてます。

【日本でビットコインが使えるお店】
http://wss-info.net/ul/212212653.html

上のリンクを参照して、一部抜粋するとこんな感じです。

  • DMM
  • メガネスーパー
  • ビックカメラ
  • コジマ
  • ソフマップ

有名店もそろっていますが、意外なのは特許事務所や、民宿までビットコイン支払いに参入しています。

今年1年間のビットコインの浸透ぶりは、本当にすごいですよね!

さて、そこで僕が心配していた点のひとつ「所有しているビットコインが値上がりした状態で買い物をしたらどうなるのか?」というのがありました。

仮想通貨に投資するリスクを6つ考えました

ビットコインで支払いをしたい場合・・・

支払いはビットコインでやり取りするのか?

即座に円に換金されるのか?

支払った側(元所有者)の利益の税金は?

受け取った側の税金は??

という点、特に税金の部分が超不安でした。ダメ!絶対!脱税(笑)

意図しない脱税は、ほんとにやばい。あとから請求きても、そんな大金払えません・・・。

故意の脱税はもっとやばいですが(笑)

そして、ついに国税庁から、仮想通貨の税金について正式発表があり、前回も記事にしました。

【前回の記事はこちら】
仮想通貨の利益が大量発生!税金を支払うときの注意点

それで、肝心のビットコイン支払いをした場合の税金ですが、もし、利益が出ている状態での買い物だと買い物したことにより、利益が確定した分に対して税金の対象になるそうです。


例えば、10万円分ビットコインを買ったら、2週間後に、15万円になった。

その後、ビックカメラで12万円のテレビを買った。

となると、買い物をした12万円分は、ビットコインから円に換金されて購入されているわけです。

なので、買い物した時点で確定したのは、10万円の元金に対して、利益2万円分。

この利益【2万円分】について、雑所得(総合課税)で申告が必要だそうです。(厳密にいうと、雑所得合計20万円までは申告しなくても大丈夫)


がんばって図に書いてみました。こんな感じです(笑)

もう・・・せっかく仮想通貨で便利に買い物しようとしても、税金のせいで超めんどくさいです。

これだったら、最初から円に換金して購入した方が断然早いし、結局、後で楽な気がします。

仮想通貨をやっている人はわかると思うんですけど、相場が上がりすぎて通貨の単位が、「0.00001コイン」とか、ただでさえ小数点が多くて面倒なのに、そこに、税金の計算です。(だんだん腹が立ってきませんか?)

そして、税金区分は、雑所得の総合課税です。

所得によって、どんどん税率が高くなっていきます。

総合課税で、税率が高くなっていくって、相当やばいですよ(-_-;)

実際に税金破産者が出そうな高額商品もビットコイン決済で登場!

例えば先日、ロールスロイス・ゴーストが10BTCで販売されていたようですが、1BTCが10円のときに、10BTCを購入したとして、100円。(BTCはビットコインの単位です。XBTっていう場合もあります)

今現在、1BTC=200万円ほどです。

なので、差し引きの利益が「1999万9900円」の状態でロールスロイス・ゴーストを購入すると、1999万9900円が雑所得(総合課税)で計算されます。


(https://jp.cointelegraph.com)

いや~~~これはやばい!

マジでやばいです!

知らなかったら、税金で爆死しますよ!

仮に、その年の所得が10BTCが値上がりした以外まったくなかったとしても、税金対象は【1999万9900円】です。

前回の記事で、おおよその税率も書きましたが

仮想通貨の利益が大量発生!税金を支払うときの注意点

1999万9900円だと約50%の税金がかかってくるんですよね。(控除額は考慮していません)

なので、ロールスロイス・ゴーストを買った年の確定申告は、税金を約1000万円払わないといけません。

払えないっていうのは通用しません。

ダメ!絶対・・・

この事例は極端ですが、ビットコイン支払いをする以上、こういったリスクがあることは確かです。

利益を確定させちゃった分を、あとから税金で支払わなきゃいけないなんて怖くて買い物できないと思いませんか?

履歴に全部残りますから、言い訳できませんよコレ・・・

ビットコイン支払いが一般化していくにつれ、故意じゃなくても、税金の申告ミス・モレが多発しそうです。

これじゃ、ビットコイン支払いは使い物になりませんよ・・・

せっかく世の中に新しい風が吹いて、仮想通貨という便利なものが広まろうとしているのに、日本の税制のせいで、新しいシステムの流れが悪くなる。

というか、流れが止まりますよね。これは、税金が怖すぎるもん(汗

日本の税務署は警察より厳しくて、鬼の取り立てです。

もし脱税した場合、怖くて夜も寝れないと思います。

なので、不安な人は、ビットコインで支払うのはやめた方がよさそうです。

素直に、取引所かどこかで日本円に換金してから、利益の分の税金を計算した上で、あらためて買い物した方がいいと思います。

僕は、リアル店舗でビットコイン支払いを1回も利用したことないから実感ないですけど日本の税制が、革新的な新しい決済方法のひとつをつぶしたと思います。

ってか、すでに今年、ビットコインで大きな買い物した人はどうするのか?

っていっても、正式発表がされた以上、税金払うしかないからね。

「日本死ね!!!!」って言いたくなる人の気持ちもわかります(笑)

もし、すでに大きな買い物してしまった人は、税理士さんに相談するか、税務署に行って税理士さんを紹介してもらうのがいいと思います。

そのままだと、脱税破産とか、むごいことになりそうです。

仮想通貨が儲かりすぎるから悪いんですけどね・・・。

まあでも、仮想通貨の売買の利益は、基本的に雑所得に加算されるだけなので、年末の小遣い稼ぎには、非常に有効です。

【相場関係なしの最強の小遣い稼ぎ】
中村式ビットコインFXの反響がすごい

雑所得は、サラリーマンなら年間20万円まで申告ナシで大丈夫です。

12月に、中村式ビットコインFXで20万円ギリギリまで稼ぐのは超有効な節税対策ですよね(^^)

今年も、あと2週間ほどしかないので、まだ挑戦してない人は急いだ方がいいと思います!

なお、前回もお伝えしたとおり、税金について間違いがないように記事を書いているつもりですが申告は自己責任でお願いしますm(__)m

稼いじゃった人は、絶対に税理士さんに相談した方がいいですよ!!

脱税マジやばい・・・

節税バンザイ(笑)

不安なことや相談事、または儲かりそうな仮想通貨が知りたい方は、遠慮なくメールください。

お待ちしています(笑)

青島でした。

【仮想通貨の税金マスター!前回の記事はこちら】

仮想通貨の利益が大量発生!税金を支払うときの注意点

⇒ 仮想通貨に投資するリスクを6つ考えました

ビットコインカジノでコツコツゲーム感覚で稼ぐ方法

【中村式ビットコインFXは元手1万円でも稼げるか?】
実際に自分で中村式ビットコインFXを続けてみた結果はこちら